高気密住宅で快適生活|外気をシャットアウト

住処を彩る

工事中の光景

住宅を建てる際の工夫として様々なことがあるが、それらの1つとして高気密住宅とするということがある。高気密住宅とは、壁や床などの接合部を最小限に減らし、断熱材などを入れ込むことで、気密性を高めた住宅のことである。 高気密住宅とすることで、メリットを得ることができる。それは、気密性を高めることで、熱や冷気を逃がしにくくできるということがある。 最近の住宅では、通常は冷房や暖房などエアコンを利用することが通常となる。これらの使用においては、冷気や暖気を極力逃さないようにすることで、その稼働効率を上げることが可能になり、結果省エネ対策に繋げることができる。 そのため、高気密住宅として気密性を上げることで、省エネと快適な空間を構築できる。

高気密住宅の建設においては、通常の住宅建設に比べ、建設費用が多少多くかかる傾向がある。それは、高気密とするために断熱材をより細やかに入れ込んだり、密閉性を高めるために建設時に対策を行っていくためである。 しかし、気密性をあげることで、エアコンの稼働効率を上げることができるようになり、日々使用するエアコン代の削減に繋げていくことができる。その為、建設における初期費用には、その分コストがかかることになるが、トータルで見た場合にはランニングコストを抑えていくことができる。 また、高気密により隙間風や夏場の暑さ、冬場の寒さをエアコンと組み合わせることで軽減することができるため、快適な住居空間とできるため、メリットが大きくなっている。